images

本日はちょっとした豆知識と小言を書かせていただきます。
私のところに来るメールは年齢を記載して送る形となっておりますが、これにはワケがあるのです。
-----それは何か?
ズバリ、統計です。
おおよその年齢層を把握しているのです。
その結果で、多い年齢層は40代、50代、60代という並びになりました。
これはどういう結果かといいますと、志望理由も含めた上で、
【将来が不安】【年金が不安】という動機が多く、それに付随してきたものが
【いろんなインジケーターや高額塾などを受けましたが・・・】というものが多かったです。

一概には言えませんが、不安や焦りなどが積もると冷静に周りを見ることが難しくなってきてしまうということがわかります。
簡単に言うと、詐欺に遭いやすい年齢層ということです。
仮想通貨ブーム、ありましたね。
これを読んでる方の何人が仮想通貨ブームに乗っかった悪徳商法にはまってしまったでしょうか?
よし!これだ!と言って乗っかってしまった方は少なくはないでしょう。
負ける人がいるから勝つ人がいるのです。

私は嫌われやすい人間です。
なぜか?ドが付くほどのストレートに物を言ってしまう性分だからです。
その反面に支持してくれる人や友達でいてくれる人もたくさんいます。
本当にありがたいです。

それを分かった上ではっきりと言います。
この40代、50代、60代の方々、今までの人生を後悔してはいませんか?
「あぁ…あの時もっと勉強しときゃよかった…」
「あの時もっと真面目に働いときゃよかった…」

などをどこかで思っていませんか?

今そう考えて戻れますか?時計の針を戻せますか?物理的に時計の針を動かすことはできても人生の時間は戻りません。
もっと言うならば、人生という道を走る車をあなたが運転しています。
【R=バック】なんてないんですよ。【D=ドライブ】にしてアクセルペダルベタ踏みしかないんですよ。
どこかでブレーキをかけることも大事とか言ってる自己啓発本はクソ喰らえですよ。
ブレーキかけて止まったらそれは心臓が止まったと思ってもいいくらいです。
いや、それはもう死んでます。

もう無理?俺は駄目?はぁ?
なんも本気になってなくてそう言ってはいませんか?
「俺なりに本気にはなったけど・・・」って
本気になった人はそんなこと言いません。
なぜか?他人がいつの間にかそういう評価をしているのですよ。
自分で評価してもどうしようもないんですよ。
言い方悪いですけどただの自慰行為です。

私、節山が嫌いな言葉は
「だって」 「でも」 「しかし」 「だけど」 「だが」
この類の言葉です。
タケルやまだ4歳の娘にもこの言葉を絶対に使わせません。
この言葉を使うのは逃げ道を探していることが伺えます。
いつもこの類の言葉を使う人はいませんか?
見てきた中でその言葉を使い続けている人程、どん底の道を歩んで行く人が多いです。
いざ、やると決めたらしっかりやり通してください。
「もうクズとは言わせない」
「もうダメ人間とは言わせない」

その意気込みをもし持つことができたら、霞んでいかないようにしっかりと芯を持って挑んでいきましょう。


自己啓発本はクソ喰らえと言いながら自己啓発なようなものを書いてしまいましたが、
ここからが本題です。


a5e1f5fc8b8a7ae28342c6be0f8b7c8c_t

キーワードは『年金』です。
公的年金には国民年金、厚生年金、共済年金の3つがあります。

・国民年金 日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人。
 →国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人が加入するもので、老齢・障害・死亡により「基礎年金」を受けることができます。

・厚生年金 厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務する全ての人。
 →厚生年金保険に加入している人は、厚生年金保険の制度を通じて国民年金に加入する第2号被保険者に分類され、国民年金の給付である「基礎年金」に加えて、「厚生年金」を受けることとなります。

・共済年金 公務員・私立学校教職員など。
 →共済(組合)制度は、国家公務員、地方公務員や私立学校の教員などとして常時勤務する人は組合員(私立学校教職員共済では加入者)となります

公的年金は、『老齢・障害・死亡』を保険事故としていて、これらの要件に該当したときに給付が受けられる公的な制度です。
厚生年金・共済年金は国民年金に上乗せする形で支給されます。

この記事を読んでる方の中で国民年金にプラスアルファの上乗せをする厚生、共済年金がある人がどれくらいの割合でしょうか?

そして年金に対してこういった不満や不信感を抱いている方はいらっしゃいますね
・世代間格差がむかつく
・国会・行政など政治への不満・不信感
・納めた金額よりももらえる金額の方が少なくなるんじゃないの?
・年金制度自体、将来的には破綻するんじゃないの?
・年金なんてもらえなくても、将来、老人になってお金がなかったら生活保護をもらうからいいよ。

特にこれから年金を払っていく人は「払い損の世代」と言われておりますが、この先どうなるかは私にもわかりません。

ですが、メリットはあります。
・65歳(もしくは60歳)から年金を受け取ることができる老齢年金がある。
・病気やけがで障害を負ってしまったときの障害年金
・自分が万が一死亡してしまった場合の遺族年金
・その他の給付も色々ある
・納めた税金を取り返せる
・年金保険料は全額控除対象となる


ただし、、、
「払い続けないと今まで払った分が無駄になる」
という最大の壁があります。
病気等の理由で免除申請などはありますが、怠惰した場合は通用しないと思います。

現在の老齢基礎年金の受給額について、いまの現役世代(20代、30代、40代)が65歳以上の年金受給の年齢になった際にも同じくらいの基礎年金を受け取ることができるのでしょうか?
政府が発表した将来の年金額の見通しによると、これからおよそ30年かけて、厚生年金で2割程度、国民年金にいたっては3割程度、いまの金額よりも減る見通しになっています。
しかし、長生きすればするほど貰う総額は納付額を上回ることにはなります。
そういう観点からで見るとお得といえばお得ですね。
ですが、経済状況などから今後、このお得の度合いは減っていくと思われます。

メリットとデメリットを比較して老後の事を考えると「国民年金は払った方がいい」という結論となります。

しかし、「お得の度合いは減っていく」となるとどれくらい減るの!?と不安になりますよね。
そこでプラスアルファを求めようとしますね。
何をしますか?
貯蓄をする、副業をする、投資をする
などいろいろありますね。
この記事を読んでいる殆どの方が「投資をする」を選んでいるから見ているのではないでしょうか?
投資は成功すれば美味しいものです。
しかし、投資にはリスクがあります。
986e2ba69860180624c6dfd942dd851e_t

特に私が毎日収支報告をしているバイナリーオプションは簡単そうに見えるのが怖いところです。
Youtubeでいろんな方が動画で取引を実践しています。
とても簡単!好きな時間にできる!すぐ稼げる!という印象を持たれやすいです。
それは甘い罠です。
「投資すらもしたことない人でもできる!」
「知識ゼロでも大丈夫!!」
馬鹿にしてんのか?この頭スカポンタンと言いたくなりますね。

そういうブログを書く人や動画上げる人たちやそれに引っかかってる人たちに向けてバッサリ斬り倒す気持ちでいいます。
※相当口が悪くなります。
eb51f4f2d2c171842155c535ea75b85a_t

あのね、おたくら動画であれこれ言ったり女性媒体使ったりして男心くすぐったり、ツール使ってブログランキングをカサ増ししたりして必死こいてるけど何教えてんの?
ただ単に金取りたいだけでしょ。
シグナル配信とか何?ラグとかあること説明してないよね?
基本的なことは何教えてる?何も教えてないよね?
私の所に来るユーザーのほとんどが
「どこどこで配信をしてもらってましたが・・・」
「○○でレクチャーしてもらいましたが」
って来るわけよ。
みんな口揃えていうことが「ダメでした。」
こちとら何年真面目に投資をやってきたと思ってんだよ。
外人の証券マンと出会うためにクソほど英語を勉強して繋がり持てて前衛的な会話ができるようになったのもただならない経験でしたよ。
どこのブログも経済熟知したような文言書いてるけどさ、経済って理科室で行う実験とは違うんだよね。
国が潰れるか繁栄するかなんだよね。
潰れたらそこの人民はどうなる?難民になるよね?治安悪くなるよね?その先どうなるかわかる?
そこまで考えてないよね。
仮説を立てることはできるわけ。実践的検証がほとんどできないから金の流れと人間の流れと物の流れを見て考察して結論を出す他ないのよ。
なにげに命関係ないって思ったらそうじゃないですよ?
ブログランキング見てて思うけどまともだなぁと思うのは2、3件くらいしかないですよ?
ロジックとか言葉使ってるけどさ、鼻で笑ってしまいますよ。
逆張りエントリーとかってある程度のスキルないと無理ですよ。
うちに来たユーザーはどんなにどうしようもない人でも少しでもスキルにつなげてあげたい。
そして、少しでも勝たせてあげたい。
私の収支報告なんて正直なくていいくらいですよ。
毎日毎日収支報告載せてもだいたい結果は同じなわけで、私の自慰行為になってしまうわけですよ。
返信が遅いとやかましく言われる時ありますよ。
でもね、一人一人に真面目に返していってるんですよ。
どうしてそこで負けたか?
その時、何を基準でトレンド判断をしていましたか?
その時どんな心情でしたか?
など聞いていって原因を突き止めて改善点を導きだし、次に実践させて結果を少しずつ形にしていってるんですよ。
はっきりいう。俺がすごいんじゃない。ユーザーがすごい。
一生懸命がっついて叱られても落ち込んでも必ず立ち直って頑張っている。
そして芽がやっと出てくる。
私から卒業した人は1年も経たないうちに50人近くはいます。
たまに質問が来て近況報告し合うようになったりで楽しいですよ。
あ、やってて良かったと思える瞬間ですよ。
全員を導くことは正直無理です。
私がやる気があっても相手との熱の温度差が違いすぎたらどうしようもない。
でも少しでも多くの人に価値のコツを掴むっていうのかな、感触を分かって自分のものにして欲しいんですよ。

教えていて嬉しい言葉がたくさん来ています。
今回はその一部もご紹介します。
キャプチャ_2018_08_23_04_56_18_975
キャプチャ_2018_08_23_04_57_29_309

キャプチャ_2018_08_23_05_01_29_249
キャプチャ_2018_08_23_05_04_24_858
キャプチャ_2018_08_23_05_05_05_784

特にね、お年寄りのユーザーが本当に可哀想だ。
あんた方が食い散らかして財布すっからかんで助けてくださいって何人かきましたよ。
「もう引退されてはいかがでしょうか?」と言っても聞く耳持たないんだよね。
そんな心情じゃ負けるって。。。と思って何度も説得しても結局は逆ギレされちゃうんだよ。
そして後日またメール来るんだ。
「○○のバイナリー講座でXX万円取られました。もう死ぬしかないんでしょうか?」
うん。安楽死あったら最高だよね。って言いたくなったよ。
確かに世の中は食うか食われるか。
ただ、これは流石にないんじゃないの?

私のブログやメールの対応には自信がありますよ。
やりとりを楽しませてもらってるから、一人一人が豊かに過ごせるようになったらいいなと思いますし、やっぱり、言われたいじゃないですか。
「ありがとう」って。
正直引退して、趣味の畑いじりしながら娘と遊んで生活はしていける。
いつだってやめれる。
でもね、ユーザーを見捨てることはしきれない。
なんだかんだでも、衝突したりしたユーザーもいますよ。
でも結局、私のやり方を常に日々やらせて少しずつ形になっていってる。
最後まで見届けたいじゃないですか。


年金の話を何故したかというと、ご年配付近の方が特にひどい目にあいやすい。ということを認知していただきたく書かせていただきました。
もし、本気で挑みたいのであればぜひ、老若男女問わず、私にお声掛けください。
時に厳しい時もあります。誰だって運動仕立てはきついものです。
毎日毎日走りこんでやっとマラソン大会に出場できるものです。
何事も練習と修行が大切です。
私はどこか冷めていて、わけのわからないところで熱くなる人間です。
そしてドが付くストレートっぷりでどこでもそのスタイルを曲げません。
死刑台に立たせられてもそのスタイルのままギロチンが落ちるでしょうが、そのギロチンを歯で食い止めて生きるという気持ちが強い人間です。
その分暑苦しい時もあるし、ストレートな性格で嫌われることが多いです。
やたら若いお姉ちゃんに嫌われるんですよね・・・(いつまで経っても再婚できない。娘が可愛すぎて再婚を考えられないバカ親です。)
たぶん、この記事投稿でまた常連さんからの三行半が殺到するとは思います。
今まではあまり見せなかった文面ですからね。。。
img_f6926b360c9933c7aca4d3769e84d55826958

小話はさておき、こんな私ですがこれからもよろしくお願いします!
投資の道を本気で挑みたい方もぜひお気軽にお声掛けください!


ご興味を持った方はお気軽にご連絡をください!
バイナリーでの勝率が低い
バイナリーで勝ちたい!
バイナリーを初めてみたい!

そんな方はぜひ一度使ってみてください!
皆様が投資での勝ちが人生の勝ちへと繋がるようにこれからも支援をさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
・投資でお悩みがある方
・FTGSバイナリーを使いたいという方
・BO専用インジケーターNEURAを使いたいという方
・投資の体質を作りたいという方

などなどご相談やお問い合わせは随時お待ちしております。
私もメールをしっかり読んで分かりやすく解説したりしようと努力をしておりますのでメールの返信が若干遅いですが絶対返信を致しますので送っていただいたら気長にお待ちください。

※yahooメールアドレスを記載してお送りいただいた方
私から送った返信が迷惑メールフォルダに入っている可能性がございます。
ご確認をしていただけたら幸いです。

よかったら応援の1クリックをポチッと!よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ